音楽のプロ eyecatch_gakushi05

Published on 4月 28th, 2015 | by ダッド編集部

0

ジュニアオーケストラで子どもに音楽を習わせる危険性



この記事の執筆者は、音楽講師でゴーストライターのTobeyさんです。 ダッド|育児ジェントルへ、プロがエスコート

ジュニアオーケストラのトレーナーには要注意

幼稚園児から高校生までを対象とした「ジュニアオーケストラ」というものが日本各地に存在します。ハイソサエティさを演出できるのでお子様を入団させる親御さんも大勢いらっしゃいますが、ジュニアオーケストラではトレーナーのクオリティが大きな問題となります。

日本にはプロのオーケストラが各地にあり、そこの団員がトレーナーとして在籍しているジュニアオーケストラなら質の担保ができています。しかし、音大を卒業したものの全く仕事がなく、地元に帰ってアルバイトをしながらジュニアオーケストラの指導をしている先生などは、当然クラシック界の常識などは知る由もないので、全てが彼・彼女の想像の世界で指導が行われます

何より厄介なのは、彼らは落ちぶれ音楽家であるがゆえ他では自尊心を満たせる事象が全くなく、週に一度のジュニアオーケストラで「先生、先生」と呼ばれて良い気になり、大威張りしているケースが多々見受けられます。そしてデタラメなレッスンを行い、多くの子どもたちの音楽人生を台無しにしています。

そもそも音楽はお金がかかるものです。団費が安くレッスンを受けられるからといってジュニアオーケストラに入団させるのは十分な注意が必要です。すでにそこの団員となっている子どもを持つ親御さんからの情報収集を怠らないことをお勧め致します。

音楽講師・ゴーストライター Tobey 音大卒業後、音楽講師を勤めながら各クライアントのゴーストライターとして活躍している。

スマートフォン買取

この筆者の関連記事

Tags: , , , ,



Comments are closed.

Back to Top ↑
  • スポンサードリンク




  • 厚生労働省 イクメンプロジェクト賛同企業です

    ダッド|育児ジェントルへ、プロがエスコート

  • FACEBOOK