【安定のNTTグループ】IT人材積極採用中のNTTグループ一覧


ダッド編集部 【無料】スマホアプリ「オタサーの姫」で、ちょっと残念な子を美少女に育てよう!

Published on 6月 2nd, 2015 | by ダッド編集部

0

【無料】スマホアプリ「オタサーの姫」で、ちょっと残念な子を美少女に育てよう!



この記事の執筆者は、Webデザイナーでダッド編集部員の窪田匡知さんです。 ダッド|育児ジェントルへ、プロがエスコート

話題のスマホアプリ「オタサーの姫」で美少女を育てよう!

オタクサークルに入ってきたちょっと残念な女の子を、オタクみんなでちやほやすることでカリスマ性を上げていき、オタサーの姫に育て上げていくという皮肉たっぷりなスマホアプリ「オタサーの姫 ~僕らの姫はデリケート」。
一生懸命ちやほやしてあげてるのに、サークル内のチャラ男にたぶらかされてあっという間に退部してしまったりと、妙にリアルな設定なのが共感を誘います。何ともシュールなゲームですが、無料なのでためしに遊んでみませんか?

DADDO×ゲーム・ソシャゲコラボ企画

オタサーの姫 ~僕らの姫はデリケート

【無料】スマホアプリ「オタサーの姫」で、ちょっと残念な子を美少女に育てよう!

オタク系サークルに入部してくる女の子。全てはここから始まる。

【無料】スマホアプリ「オタサーの姫」で、ちょっと残念な子を美少女に育てよう!

タップして女の子を部室に案内しよう。

【無料】スマホアプリ「オタサーの姫」で、ちょっと残念な子を美少女に育てよう!

最初はこんな残念フェイスの女の子ですが…

【無料】スマホアプリ「オタサーの姫」で、ちょっと残念な子を美少女に育てよう!

オタクたちをタップして、女の子をチヤホヤしてあげよう。

【無料】スマホアプリ「オタサーの姫」で、ちょっと残念な子を美少女に育てよう!

女の子のカリスマ度がどんどん貯まっていくぞ!

【無料】スマホアプリ「オタサーの姫」で、ちょっと残念な子を美少女に育てよう!

カリスマ度ゲージがMAXになると、女の子が少しだけカワイクなったよ!

【無料】スマホアプリ「オタサーの姫」で、ちょっと残念な子を美少女に育てよう!

サークル活動ボタンでは、様々なイベントを開くことができる。

【無料】スマホアプリ「オタサーの姫」で、ちょっと残念な子を美少女に育てよう!

飲み会を開催してみたところ?!

【無料】スマホアプリ「オタサーの姫」で、ちょっと残念な子を美少女に育てよう!

女の子が喜んでくれたぞ!

【無料】スマホアプリ「オタサーの姫」で、ちょっと残念な子を美少女に育てよう!

サークル活動は3回まで。1時間に1回ずつ回復するぞ!

【無料】スマホアプリ「オタサーの姫」で、ちょっと残念な子を美少女に育てよう!

よし、もっかいサークル活動だ!

【無料】スマホアプリ「オタサーの姫」で、ちょっと残念な子を美少女に育てよう!

なにーーー?!姫がテニスサークルのコンパに行ってしまった!

【無料】スマホアプリ「オタサーの姫」で、ちょっと残念な子を美少女に育てよう!

こうなったら最初から姫を育て直し。結構鬼畜な設定だ!

サークル活動のほかにも、強化、名簿、ショップのコマンドが。

【無料】スマホアプリ「オタサーの姫」で、ちょっと残念な子を美少女に育てよう!

部費を使ってサークルを強化すると、オタクキャラが増えるぞ!

【無料】スマホアプリ「オタサーの姫」で、ちょっと残念な子を美少女に育てよう!

フィギュアオタクが入部した!

【無料】スマホアプリ「オタサーの姫」で、ちょっと残念な子を美少女に育てよう!

オタクのキャラによって得られるカリスマ度の数値が異なる。レアなオタクほどたくさんのカリスマ度が得られるぞ。

名簿では、これまでに育てた姫やオタクのコレクションが見られるぞ!

【無料】スマホアプリ「オタサーの姫」で、ちょっと残念な子を美少女に育てよう!

ショップでは課金もできるが、ほどほどにな!

【無料】スマホアプリ「オタサーの姫」で、ちょっと残念な子を美少女に育てよう!

さあだんだんサークルが盛り上がってきたぞ!

【無料】スマホアプリ「オタサーの姫」で、ちょっと残念な子を美少女に育てよう!

と思ったら、姫がチャラ男にたぶらかされて退部しちゃったYO!

【無料】スマホアプリ「オタサーの姫」で、ちょっと残念な子を美少女に育てよう!

リアリストな女の子に負けるな!

一生懸命育てた姫が簡単に辞めてしまったり、諸行無常なところが妙にリアルなこのアプリ。カリスマ度を貯めて、本物のオタサーの姫を育ててみませんか?

DADDO×ゲーム・ソシャゲコラボ企画

この記事を読んだ方は、以下の記事も読んでいます。

Tags: , , ,



Comments are closed.

Back to Top ↑
  • スポンサードリンク




  • 厚生労働省 イクメンプロジェクト賛同企業です

    ダッド|育児ジェントルへ、プロがエスコート

  • FACEBOOK