【安定のNTTグループ】IT人材積極採用中のNTTグループ一覧


法律 ダッド|育児ジェントルへ、プロがエスコート

Published on 4月 4th, 2014 | by ダッド編集部

0

もしも自己破産したら、家族は?未来は?どうなるの? ~現役法曹家が教える家庭の法律~



この記事は、法曹(匿名)さんの投稿をダッド編集部が編集しました。 ダッド|育児ジェントルへ、プロがエスコート

たった1000円の手数料で人生のリスタートができてしまう、自己破産申し立て。その計り知れない影響について考えてみよう。

テレビやニュースで身近な言葉となっている自己破産。債務を100パーセント免れる可能性のある手段として、個人が倒産する場合の中心的な手段と言えます。

手続きが簡易で、破産手続以後に得る給料は全て自分の財産となる。債務の弁済にあてられることもない。新しいスタートを切るのにぴったりに聞こえる自己破産ですが、ほんとうにメリットばかりなのでしょうか?

自己破産手続が招く家族の未来について、詳しくご説明しましょう。

①財産は全て失う。

自己破産をすると、自分が所有する不動産などの価値の高い財産は全て失うこととなります。それまでに生活の場としてきたマイホームや、家族とおでかけをした思いでのマイカーも、手放すことを覚悟しなければなりません。

手元に残されるのは、必要生計費としての現金99万円や、最低限の家財道具など。家族で生活していくにはとても十分とは言えません。

勤め先が倒産?!まさかに備えよう、未払い給与回収マニュアル

②職を失う可能性がある。

会社勤めのサラリーマンが自己破産をしても、一般的な雇用関係には影響がありません。しかし、資格に制限が加えられる場合があるので、気をつけなければいけません。

たとえば公認会計士、弁理士、有価証券投資顧問業者、保険勧誘員(損保代理店、生命保険外交員)、警備員、建設業者など、一定の職業に就くことができなくなります。また法人の理事や後見人の資格もなくなります。

資格が制限されるのは、破産手続きが始まってから免責許可の決定が確定するまでの概ね数か月間。その間休職を余儀なくされるので、仕事や収入に大きな影響がでることになります。

勤め先が倒産?!まさかに備えよう、未払い給与回収マニュアル

③個人信用情報機関のブラックリストに載ってしまう。

金融業者等が加盟する個人信用情報機関に「事故情報」として登録される。いわゆる「ブラックリストに載る」という事態が生じます。その期間は長い場合で10年にも。その間は銀行からの融資を受けたり、ローンを組んだりすることができなくなります。もちろんクレジットカードも使えなくなり、新たにカードを作ることも非常に難しくなります。

勤め先が倒産?!まさかに備えよう、未払い給与回収マニュアル

④保証人は免責を受けられない。

破産者自身が債務の免責を受けられても、その債務を保証していた保証人には免責の効果は及びません。たとえば破産した夫の債務を妻の両親が連帯保証していた場合、妻の両親のもとに債務が残ってしまうことになります。

この場合、夫が自己破産したと同時に、債権者は保証人のもとにやってきます。最悪、妻の両親も自己破産を余儀なくされます。

勤め先が倒産?!まさかに備えよう、未払い給与回収マニュアル

⑤免責にならない債務がある。

たとえ自己破産が認められても、税金、不法行為に基づく損害賠償債務、家族に対する扶養料などは支払債務が免責されない可能性があります。

また、当然ですが、免責されるのは破産申し立てをした本人の債務のみ。妻や子どもが負っている債務については家族のもとに残ります。

勤め先が倒産?!まさかに備えよう、未払い給与回収マニュアル

満身創痍での再出発を余儀なくされるのが自己破産。それでもあなたは選択しますか?

以上のように、自己破産は家族や周囲の人たちへの影響が計り知れません。破産を機に離婚に発展してしまうなど、家族が崩壊するというのもままあることです。

肝要なのは、このような手続を取らざるを得ない状況に陥らないよう、家計をしっかり管理するではないでしょうか。

それでも万が一、債務を返済できない状況が自分に訪れた時には、自己破産という選択が適切なのかどうか、破産後の生活設計もシミュレーションしながら考えてみるのも良いかもしれません。

勤め先が倒産?!まさかに備えよう、未払い給与回収マニュアル

この記事は、法曹(匿名)さんの投稿をダッド編集部が編集しました。 ダッド|育児ジェントルへ、プロがエスコート

Tags: , , , , , ,



Comments are closed.

Back to Top ↑
  • スポンサードリンク




  • 厚生労働省 イクメンプロジェクト賛同企業です

    ダッド|育児ジェントルへ、プロがエスコート

  • FACEBOOK