健康のプロ eyecatch_massage2

Published on 4月 8th, 2014 | by ダッド編集部

0

プロの鍼灸師が教える、夜泣きにおすすめのツボ



この記事の執筆者は、多摩市で「はり灸cheka(チェカ)」を営む鍼灸師の田中ちえさんです。 ダッド|育児ジェントルへ、プロがエスコート

パパでもできる、簡単ツボマッサージ。
第二回は、夜泣きに効くツボをお教えします。

①疳の虫(かんのむし)って聞いたことありますか?

育児をしていて、お子さんが夜中にずっと泣きだして、
おむつも変えたし、ミルクもあげたし、原因もよくわからず泣きやまなく、困ったあ!といった経験をしたことはありませんか?
東洋医学でいうと、夜泣きは『疳の虫』の一種といわれています。
疳の虫とは、現代医学でいうと小児神経症の一種で、癇癪(かんしゃく)を起こしたり、
夜泣きが続き興奮しやすくなっている子供の状態をいいます。
そんな状態のお子様におすすめのつぼを今回ご紹介いたします。

②夜泣きにおすすめのつぼ

背中の肩甲骨あたりにある『身柱(しんちゅう)』というつぼです。

プロの鍼灸師が教える、夜泣きにおすすめのツボ

場所は第3胸椎と弟4胸椎の間。
ただ子供の場合は、まだ成長段階なのでつぼの位置ははっきりしておりません。
あまり神経質に正確な場所を探すのではなく、おおきくつぼを捉えて頂ければ充分!
左右の肩甲骨の間を大きくお父さんの温かい手で、上から下へと一方向に優しくこすって(引っかくようなイメージでなく、さするイメージで)あげてください。あまり強くこすると子供には刺激が強すぎて、逆に興奮して眠らなくなってしまうので、時間は5分以内を厳守してください。
毎日継続してあげると、だんだん落ち着いてきます。
お母さんが睡眠不足になって、産後の疲れが取れず育児が辛い……とならない為に。
是非、試してみてください。

鍼灸師 田中ちえ
鍼灸師。ただ、痛いところを治すのではなくひとりひとりの体質まで掘り下げて改善し、自然治癒力を引き出す治療を行う。多摩市で完全予約制の治療院、はり灸チェカ(http://www.cheka-hari.jp/)を開いている。
ダッド|育児ジェントルへ、プロがエスコート

Tags: , , , , , ,



Comments are closed.

Back to Top ↑
  • スポンサードリンク




  • 厚生労働省 イクメンプロジェクト賛同企業です

    ダッド|育児ジェントルへ、プロがエスコート

  • FACEBOOK