【安定のNTTグループ】IT人材積極採用中のNTTグループ一覧


音楽のプロ eyecatch_gakushi05

Published on 10月 23rd, 2015 | by ダッド編集部

0

音楽と美術の商業的な違い



この記事の執筆者は、音楽講師でゴーストライターのTobeyさんです。 ダッド|育児ジェントルへ、プロがエスコート

音楽と美術

音楽は美術と比較されることが多い芸術です。東京藝術大学にも美術と音楽があります。音楽大学の音楽美学の授業でもそれらを比較する講義があり、時代背景がどうしたなど難しい話になります。

一言で言ってしまえば、音楽とは「創作する瞬間を見せる芸術」です。絵画を描いている現場を画家は売りにしないでしょう。小説家も原稿を書いている図を売りにはしません。全ては完成品が評価の対象となります。

対して音楽は、CDなど完成品が存在する現代においても、聴衆がその後ろに期待するものは「実演家の人となり」であったり、もっと現実的に言えば「ルックス」であったりします。文芸家のルックスがどうであってもその作品の評価が揺らぐことはありませんが、不細工な歌手は音楽性いかんに関わらずその評価がとても低くなってしまうのが現在のヒットチャートです。かつてはクリストファー・クロス、山下達郎、大瀧詠一各氏の如くの例も普通に存在し得ましたが、近年ではもうそんなことはあり得ません。

逆にもしあなたのルックスが良かったら音楽のことなどサッパリわからなくてもスタアになれる可能性はあります。

トライアルセット購入

音楽講師・ゴーストライター Tobey 音大卒業後、音楽講師を勤めながら各クライアントのゴーストライターとして活躍している。

Tags: ,



Comments are closed.

Back to Top ↑
  • スポンサードリンク




  • 厚生労働省 イクメンプロジェクト賛同企業です

    ダッド|育児ジェントルへ、プロがエスコート

  • FACEBOOK