【安定のNTTグループ】IT人材積極採用中のNTTグループ一覧


筋肉トレーニング daddo151209

Published on 12月 9th, 2015 | by ダッド編集部

0

筋肉デブを自称するただのデブを駆逐する方法を考える



デブ「俺、筋肉太りだからなぁ」←は?

大学卒業後、社会と呼ばれるであろう所に身を置いてきて、多くのデブに巡り会ってきました。

自己管理能力が欠如している表徴とされるデブ。西欧諸国の一流企業などでは「デブ」というだけで採用しないケースも多いのだとか。私の周囲がデブばかりなのを見ると、私のいる場所の”程度”を推して知る次第です。

「デブであること」それ自体は良しとしても、私を更に苛立たせるのがデブの発するこんな言葉。

「俺、脂肪じゃなくて筋肉太りだからさぁ(ドヤァ」

…は?ほざけデブ。よくもそんな醜く汚いナリを人様に晒しておきながら自尊心と優越感を保たんとするなボケ。と、そんな言葉を聞く度に思います。

そういう輩に対して周りの子が「じゃあ触ってみてもいいですか?」とか「じゃあ水着姿の写真見せてください」とか言うと、絶対に「恥ずかしいから」という理由で断ります。

本当に自分の身体に自信があり、筋肉量の多さを自慢する男性なら軽く大胸筋を触らせたり、半裸の写真を見せることなど何も恥ずかしくないはず。それが出来ないのは、本人も実際は自分がデブであることを理解していながらも、認めたくないからでしょう、実に下らない、程度の低い男の見栄。

ライザップ

見栄張りデブを駆逐したい

そもそも生物として劣っているデブという愚かな存在に追い打ちをかけるなどナンセンスではありましょうが、それでも、そんな見栄張るデブという存在が許せません。奴らの人権を正当化してしまえば、きちんと食事管理をし、適度な運動をして健康的で美しい身体を維持している多くのまともな方々が報われません。

「俺、筋肉デブだから」とのたまうただのデブをいかに封じるか、私はこの3年間ずっと思案し続けてきました。

そんな中、私に強いひらめきを与え給うたのが「ラグビー日本代表チーム」。

みなさん無駄な贅肉のない「これぞマッチョ!」という素晴らしい体型をされていらっしゃいます。彼らの身長・体重・BMIを調べてみると…

氏名(敬称略) 身長(cm) 体重(kg) BMI
田中史朗 166 71 25.8
日和佐篤 166 72 26.1
藤田慶和 184 90 26.6
福岡堅樹 175 83 27.1
アイブスジャスティン 196 105 27.3
廣瀬俊朗 173 82 27.4
伊藤鐘史 191 100 27.4
山田章仁 181 90 27.5
クレイグ・ウィング 180 90 27.8
田村優 181 92 28.1
トンプソンルーク 196 108 28.1
小野晃征 171 83 28.4
立川理道 181 94 28.7
松島幸太朗 175 88 28.7
大野均 192 106 28.8
マイケル・ブロードハースト 196 111 28.9
五郎丸歩 185 99 28.9
マレ・サウ 183 97 29.0
リーチマイケル 190 105 29.1
ツイヘンドリック 189 107 30.0
カーン・ヘスケス 178 98 30.9
アマナキ・レレィ・マフィ 189 112 31.4
ホラニ龍コリニアシ 188 112 31.7
堀江翔太 180 105 32.4
真壁伸弥 192 125 33.9
木津武士 183 114 34.0
湯原祐希 173 102 34.1
稲垣啓太 183 115 34.3
畠山健介 178 115 36.3
三上正貴 178 115 36.3
山下裕史 183 122 36.4

最もBMIが低い田中史朗選手でも25.8。一般人の感覚だとBMI25.8はかなり太い印象ですが、田中選手はむしろ試合中などでは細いとすら感じることもあります。五郎丸歩選手は28.9。BMI29の一般人は大抵クソデブですが、五郎丸選手はむしろスレンダーな印象すらあります。骨格の立派さもあるでしょうが、あの均整のとれた肉体美を見ると、脂肪がほとんどないのだろうと想像するに難くありません。

一番高い山下裕史選手は36.4。Googleの画像検索で「BMI36」と検索すると恐ろしい画像が大量に出てきますが、山下選手はお腹も出ておらず、マッチョたるマッチョという印象を受けます。

「真のマッチョ」ならば世界トップクラスのラグビー選手のように、例えBMIの数値上は肥満体型でも「デブ」という印象を決して与えないものです。首と顔に肉がつき、腹がベルトの上に乗って、二の腕や腿に無駄な贅肉がついているようなただのクソデブが「筋肉で太っているから」などとほざくのは笑止千万。実におこがましい話です。

そういう見栄張るデブに限って、仕事や私生活でも見栄を張り、人望もなく能力も伴わないものです。男の「筋肉太り」、女の「ぽっちゃり」…私はこの二つの言葉・概念・甘えを決して許しません。

最悪、デブを卒業できないなら、「見栄張るデブ」ではなく「意識の高いデブ」になれ、と申し上げたい。

参考:日本ラグビーフットボール協会

OL 城ヶ崎さおり(仮名・33歳)
気立ては悪いが愛嬌で勝負、を信条とする平凡なOL。誰に見せる訳でもないのに健康管理に努め、BMI17台をキープしている意識の高い独女。
ダッド|育児ジェントルへ、プロがエスコート

Tags:



Comments are closed.

Back to Top ↑
  • スポンサードリンク




  • 厚生労働省 イクメンプロジェクト賛同企業です

    ダッド|育児ジェントルへ、プロがエスコート

  • FACEBOOK