音楽のプロ eyecatch_gakushi05

Published on 2月 16th, 2016 | by ダッド編集部

0

職業音楽家に無料で仕事を依頼してくる愚か者へ告ぐ



お前は楽しくても俺はつまらない!職業音楽家に無料で何かを依頼するなど恥を知れ

ほとんどの人は生きるため、つまり、お金のために毎日仕事をしています。その仕事が楽しくて楽しくて、お金なんかなくてもやります、と言える”恵まれた人”はごく少数です。これは音楽関連の仕事をしている人々にも当てはまります。

ほとんどの職業音楽家は、やりたくもない音楽を毎日演奏したり作曲したり編曲したりしているのです。はたから見れば楽しそうな仕事でも、皆、嫌で嫌で仕方ないのです。

しかし、それを理解していないクライアントが多数おり、「音楽は楽しいんだからいいじゃないか」とのたまい、演奏なり作曲なりを相場よりも安い額、ひどい時は無料で依頼してきます。これはとんでもない話です。

ご自身の境遇に置き換えて考えてみて下さい、毎日毎日、生きるために仕方なくやっている嫌で辛いチ○カスみたいな仕事を「楽しそうな仕事だからタダでやって」と言われているようなものですよ?

冗談じゃありません。もしあなたが毎日こなしている仕事が30分の1の報酬になったとしたら、やりますか?

音楽家は聖人君子ではないのです。霞を食べては生きていけません。全ての職業音楽家は、音楽よりも芸術よりも、洗濯機やカラーテレビや冷蔵庫がほしいのです。勘違いしてはいけません。

[amazonjs asin=”4569808891″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”この世の偽善 人生の基本を忘れた日本人”]

音楽講師・ゴーストライター Tobey 音大卒業後、音楽講師を勤めながら各クライアントのゴーストライターとして活躍している。

Tags: ,



Comments are closed.

Back to Top ↑
  • スポンサードリンク




  • 厚生労働省 イクメンプロジェクト賛同企業です

    ダッド|育児ジェントルへ、プロがエスコート

  • FACEBOOK