パパネタNEWS eyecatch_sanadamaru

Published on 3月 25th, 2016 | by ダッド編集部

0

【用語解説・ネタバレ】「真田丸」第12回 人質



大河ドラマ「真田丸」第12回で使われる用語を先取りして解説!

【用語解説・ネタバレ】「真田丸」の一覧

2016年NHK大河ドラマ「真田丸」の用語を話数ごとに簡単に解説していきます。
ちょっとしたネタバレがありますので、注意してください。
用語は「NHK大河ドラマ「真田丸」完全ガイドブック (TOKYO NEWS MOOK 520号)」を参考にしています。
この本では第15回までのストーリーダイジェストが掲載されています!

目次

《人物用語》
・鳥居元忠

《地域・建物・その他用語》
・小牧長久手の戦い
・直江津
・鉄火起請

人物用語

鳥居元忠(とりいもとただ)

1539年誕生。大堀こういちさん演じる徳川家康の家臣の一人です。
真田丸12話では、信繁の働きで上杉と繋がることになった真田は家康と手を切ることになります。
真田を討伐しようと鳥居元忠率いる徳川軍が出陣することになります。上田合戦です。
上田合戦は2回行われるそうで、12話で鳥居元忠が出陣するのは第一次上田合戦(神川合戦)と言われています。

鳥居 元忠(とりい もとただ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。徳川氏の家臣。下総香取郡矢作藩(千葉県香取市矢作)の藩祖。

「鳥居元忠」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』より。
最終更新 2016年2月22日 (月) 00:35

この記事は、クリエイティブ・コモンズ・表示・継承ライセンス3.0のもとで公表されたウィキペディアの項目「鳥居元忠」を素材として二次利用しています。

icon-angle-double-right その他の用語は次のページへ!

Tags: , , , , ,



Comments are closed.

Back to Top ↑
  • スポンサードリンク




  • 厚生労働省 イクメンプロジェクト賛同企業です

    ダッド|育児ジェントルへ、プロがエスコート

  • FACEBOOK