健康のプロ eyecatch_tanaka05

Published on 8月 14th, 2014 | by ダッド編集部

0

プロの鍼灸師が教える、夏バテに効くツボ



この記事の執筆者は、多摩市で「はり灸cheka(チェカ)」を営む鍼灸師の田中ちえさんです。 ダッド|育児ジェントルへ、プロがエスコート

夏真っ盛りの今、体調管理は大丈夫ですか?

夏は温度調整が難しく、体調管理が難しい季節です。
蒸し暑くてじめじめ、なんだか食欲もわかないし、やる気もわかない。足はむくんでしまい、お腹の調子もイマイチ。
今回は、夏バテ(とくに胃腸にくる夏バテ)についてお話したいと思います。

夏になると暑くなり、冷たい飲み物をぐいぐい飲んでしまいますよね。冷たいものを飲み過ぎると、体温調整に関わる自律神経が乱れ、疲れやだるさが出ます。ここで問題なのが胃腸が直接、急激に冷やされ、血液の流れが悪くなってしまう事です。

内臓が冷やされることで消化吸収の力が低下し、下痢などの症状が出ます。そして、細菌などから体を守るリンパの働きが低下し、免疫力が落ちてきます。

東洋医学には「気・血・水(き・けつ・すい)」という考え方があります。
気は、体内をめぐるエネルギー源で、血は、血液やホルモンのこと、水は体にある水分(体液)のことをいいます。

この3つの要素が体内を滞りなく循環することによって、私たちの健康は保たれています。ですから「気・血・水」のどれかが不足したり流れが滞ったりすると、身体の不調が起こるのです。

プロの鍼灸師が教える、夏バテに効くツボ

この胃腸を壊す夏バテを起こすと東洋医学的には、


・気虚(ききょ)→連日の猛暑でエネルギーが奪われ不足する状態
・水毒(すいどく)→水分代謝が悪くなり、水分を外へ排出できない状態

と呼ばれ、胃腸の機能が低下して、疲れやすくなった状態になってしまうのです。

そんな身体におすすめのつぼを御紹介いたします。
おこさんにもおすすめのつぼになりますので、親子で一緒に是非試してみてください!

※お子さんの刺激量には充分きをつけてください
以前の記事子供へのつぼ刺激についての注意点を記載しております。参考になさってください。)

① 湧泉(ゆうせん)

プロの鍼灸師が教える、夏バテに効くツボ

夏バテによるだるさを解消してくれるつぼです。足の指を足底側にまげると足の裏にしわ(人の文字)が現れます。その窪みの場所になります。湧泉の「湧」は湧くという意味。まさに泉から湧き出るというようにこのつぼを刺激すると、生命エネルギーが湧くつぼの一つです。

② 足三里(あしさんり)

プロの鍼灸師が教える、夏バテに効くツボ

膝のおさらの下のくぼみから指4本分、下にさがったすねの外側にあります。
水分を飲みすぎたり、むくみ、胃腸の症状全般に効く万能のつぼです。

鍼灸師 田中ちえ
鍼灸師。ただ、痛いところを治すのではなくひとりひとりの体質まで掘り下げて改善し、自然治癒力を引き出す治療を行う。多摩市で完全予約制の治療院、はり灸チェカ(http://www.cheka-hari.jp/)を開いている。
ダッド|育児ジェントルへ、プロがエスコート

Tags: , , , , , ,



Comments are closed.

Back to Top ↑
  • スポンサードリンク




  • 厚生労働省 イクメンプロジェクト賛同企業です

    ダッド|育児ジェントルへ、プロがエスコート

  • FACEBOOK