【安定のNTTグループ】IT人材積極採用中のNTTグループ一覧


趣味 LegendaryBirds_EC

Published on 8月 30th, 2016 | by ダッド編集部

1

【ポケモンXY】徘徊する三鳥との効率的な遭遇方法〜フリーザー・サンダー・ファイヤー



およそ35分!フリーザー・サンダー・ファイヤーと効率よく遭遇する方法を考える

初代ポケモン赤~ピカチュウで登場した、初代準伝説ポケモンの3匹、フリーザー・サンダー・ファイヤー(以下三鳥)。ポケモンXYでは、殿堂入り後にゲットできる準伝説ポケモンとして登場し、ハリマロンを選ぶとフリーザー、フォッコを選ぶとサンダー、ケロマツを選ぶとファイヤーに遭遇することができます。

三鳥とは「アズール湾」にある「海神の島」にてバトルすることができ、そこでゲットできるのですが、その状態に持っていくまでが面倒ですよね。カロス中を徘徊する彼らに11回エンカウントしなければ、三鳥は「海神の島」に降り立ちません。ゲットするまえに放置してしまっているトレーナーも少なくないと思います。

私も最初のセーブデータでファイヤーを捕まえようとした際、あまりの面倒さに投げ出し、数ヶ月放置した挙句にゲットするにいたりました。

しかし、その後セーブデータをリセットしてサンダーとフリーザーをゲットする際は、ネットで拝見したおすすめ遭遇法を自分なりに改良し、初回遭遇からサンダーは40分、フリーザーは35分で彼らと10回遭遇し、海神の島に配置させることができました。

この記事では、その方法論をご紹介したいと思います。

目次

  1. 三鳥との遭遇条件
  2. 準備するポケモン
  3. 遭遇作業の流れ
  4. この方法の実績
  5. 後記

三鳥との遭遇条件

まず、三鳥との遭遇条件をおさらいしたいと思います。

  1. 三鳥が海神の島に配置されバトルできる状態になるには、彼らと11回草むらで遭遇しなければならない。
  2. 最初の1回は、殿堂入り後に始めて草むらでエンカウントするポケモンに強制的になるので、実質10回遭遇しなければならない。
  3. 洞窟・屋内には現れない。
  4. 三鳥が現れる「道路」はランダムで決まり、法則性はない(ただし偏りはある)。
  5. プレイヤーがエリア移動しても、そのエリア内に留まっていることがある。

この条件で特に注意したいのは4.と5.です。

いままで金銀以来続いてきた「徘徊ポケモン」のシステムですが、XYではその仕様が大きく変わり、三鳥が現れる道路は完全にランダムで、滞在していた道路から隣の道路ではなく離れた道路に行く場合もあります。

また、プレイヤーがエリア移動すると「徘徊ポケモン」も移動してきた過去作とは異なり、今作ではこちらがエリア移動してもその道路に留まっていることがあります。

三鳥がエリア移動する条件は下記の通り。

  • プレイヤーが「そらをとぶ」「テレポート」などで瞬間移動をしたとき
  • 他のポケモンと勝負をしたとき(不定数)
  • エリア移動をしたとき(不定数)

過去作の徘徊ポケモンは、こちらがエリア移動したら相手も隣のエリアに移動する習性がありました。それを利用して、相手の行動を予測しながら遭遇にこぎつけるのが今までの常套手段でしたが、今作の場合は全く違う方法論が必要になります。

過去作で慣れた方には面倒にも見えますが、慣れるとXY方式のほうが私としては楽です。

準備するポケモン

三鳥との遭遇作業に際し、こちらが準備するポケモンをご紹介します。

先頭はLv.59のオニドリル。チャンピオンロードで野生のものをゲットしました。草むらでの三鳥との遭遇に際して、「シルバースプレー」を使って他のポケモンを寄せ付けないため先頭に配置します。Lv50後半〜70未満のポケモンであれば何でもいいです。21番道路で出現する野生ポケモンより高レベルであれば問題ありません。

また、3番目には「テレポート」を覚えたラルトスを配置しています。配置順に必要性はありませんが、おすすめは3番目です。というのも、ポケモン画面で「テレポート」の技をタッチする際、三番目にいるとわざマシンアイコンと「テレポート」の技選択アイコンの位置が近く、タッチの移動ロスが最小になるからです(下図参照)。

ちなみに、「そらをとぶ」は使いません。「テレポート」のほうが行き先を選択しない分大きく時間短縮できるので、こちらが断然オススメです。

遭遇作業の流れ

三鳥の遭遇作業の流れを説明していきます。

【1. ハクダンシティに行く】

まずはハクダンシティに行き、「テレポート」先を記録するためポケモンセンターに一旦入って出ます。

私としては、ハクダンシティが三鳥との遭遇作業に最も適したベースキャンプであると考えます。「3番道路」「4番道路」「22番道路」の3道路につながっており、加えて「21番道路」もカバー範囲にできるので、計4本の道路で三鳥が出現した際に対応できます。

話を戻しましょう。殿堂入り直後でまだ三鳥に遭遇していない場合、まずは、適当に4番道路の草むらに入って初遭遇を済ませます。(今回はフリーザーを例に説明します。)

これからこの画面を10回見なければならないわけですね。。

【2. ポケモン図鑑を確認する】

初遭遇が済んだら、その場で「ポケモン図鑑」を開いて三鳥の現在地(分布)を確認します。

【3. テレポートする】

15番道路に移動してしまったので、その場でテレポートしてハクダンシティのポケセン前に戻ります。

この時、三鳥が「3番・4番・21番・22番道路」のいずれかに移動した場合は、そのまま自転車で直接その道路へ行き、再会を図りましょう。前述したように数回エリア移動した程度ではその場から動かないことが多いので、テレポートで三鳥の移動場所をリセットするより遭遇できる可能性が高いです。

【4. ポケモン図鑑を再度確認する】

テレポートしたら、すかさず「ポケモン図鑑」を開きます。タッチを繰り返すと図鑑起動のアニメーションを省略できるので、ボタンを押さずにタッチ操作するのがオススメです。

三鳥が「3番・4番・21番・22番道路」のいずれかにいない場合は再度「テレポートを」使用。四道路いずれかに出現するまで、「テレポート→図鑑チェック」を繰り返します。

何度か「テレポート」を繰り返し、フリーザーが22番道路に出現しました。

【5. 自転車で分布している道路に向かう】

自転車に乗り、22番道路へ向かいます。22番道路に入ったら再度「ポケモン図鑑」を開き、草むらに入る前に三鳥の分布を再度確認します。同じ道路に滞在している場合が多いのですが、移動している場合もあるためです。この時、三鳥が「3番・4番・21番・22番道路」いずれかに移動しているならそのまま自転車で再度移動し、遠くに行ってしまったなら止むなくも「テレポート」します。

幸いなことに22番道路に滞在中でした。

【6. スプレーをつかい草むらに入る】

自分がいる道路に三鳥もいることを確認できたら、「シルバースプレー」を使ってから草むらに入ります。

スプレーは絶対に使用したほうがいいです。他の野生ポケモンに出会ってしまうと三鳥が他の道路に移動することがあるためです(私は何度か経験しました…)。15個買っておけば事足りるので、ケチらずに買いましょう。

三鳥と遭遇したら、再度【2. ポケモン図鑑を確認する】へ戻り、【6.】までを10回繰り返します。以上が遭遇作業の流れです。

この方法の実績

この方法で、私はサンダーと40分、フリーザーと35分で11回遭遇することができました。

今回のフリーザー遭遇作業に際して、テレポート時にフリーザーが分布していた場所と、遭遇できたか否かの結果を表にしました。

※「分布道路」の列における「X」は、「3番道路」「4番道路」「21番道路」「22番道路」いずれの道路でもなかったということです。

※分布道路が上記四道路のうちいずれかでも「遭遇可否」が「X」になっているのは、自転車で当該道路に行ってもフリーザーに他の道路へ逃げられたためです。

テレポート回数 分布道路 遭遇可否
1-4回目 X
5回目 22番道路
6-7回目 X
8回目 4番道路
9-10回目 X
11回目 22番道路
12回目 22番道路
13回目 X
14回目 4番道路
15回目 22番道路
16回目 21番道路 X
17-18回目 X
19回目 22番道路
20-26回目 X
27回目 21番道路
28-32回目 X
33回目 22番道路
34回目 X
35回目 4番道路 X
36-39回目 X
40回目 22番道路 X
41-42回目 X
43回目 22番道路

43回のテレポートで10回遭遇することができました。

43回中、指定道路に出現した回数は13回。うち逃走なく遭遇できたのは10回なので、4.3テレポートに1回の確率で遭遇できました。

個人的には他の街をベースキャンプにするよりハクダンシティの方が効率が良いと思っています。というのも、三鳥の出現道路には”偏り”があり、たとえば「3番道路」などにはほとんど三鳥は出現しません。「4番・21番・22番道路」は三鳥が出現しやすい道路といえ、ハクダンシティはその”出現しやすい道路3本”をカバーできます。

後記

この作業は、何よりも”根気”と”ブレない心”が重要です。他の街にベースを移したくなっても、じっとこらえ、四道路に出現するのを待ちましょう。

また、21番道路のトレーナーは事前に全員倒しておくことをオススメします。トレーナーとのバトルも三鳥を移動させるきっかけになります。

ポケモン俳人 松尾バニプッチ
初代赤バージョンよりポケモンを愛好し、ゲームは1日18時間までと決めているストイックな廃人であり、俳人。好きなポケモンはゴマゾウ。
ダッド|育児ジェントルへ、プロがエスコート

Tags: ,



One Response to 【ポケモンXY】徘徊する三鳥との効率的な遭遇方法〜フリーザー・サンダー・ファイヤー

  1. Pingback: 【レートで使える】カロスマーク付き準伝説ポケモン 入手方法まとめ【サンムーン】 | gameblog.club

Back to Top ↑
  • スポンサードリンク




  • 厚生労働省 イクメンプロジェクト賛同企業です

    ダッド|育児ジェントルへ、プロがエスコート

  • FACEBOOK