【安定のNTTグループ】IT人材積極採用中のNTTグループ一覧


美のプロ remove_legshair

Published on 1月 18th, 2018 | by ダッド編集部

0

男性向け!一人でできるオススメ脱毛・除毛法を紹介



メンズのセルフ脱毛法とおすすめ商品をゲイが紹介!

脱毛をする男性は年々増えていると聞きます。

私自身も、ときに女装をするものとして無駄毛処理には余念がありませんが、そういう”特殊な層”ではない一般男性も、自己満足のためだったり、恋人からの指摘だったり、様々な理由で脱毛をしたい方は多いそうですね。

特に、私を含めゲイの人々は男性異性愛者よりも無駄毛処理に注力しているとききます。私の感覚でも、脱毛しているゲイの友人は多いです。

そこで、この記事では、私および友人が実践しているセルフ脱毛法を数種類ご紹介するとともに、その効率のいい使用例やおすすめ商品をご紹介します。

除毛クリーム

確かな効果と扱いやすさで人気なのが除毛クリームです。

多くの除毛クリームは、たんぱく質を溶かす「チオグリコール酸」という成分を配合しており、この成分によって毛を溶かすことができます。

ただし、たんぱく質を溶かすということは肌も溶かしてしまうため、クリームの強度や肌の弱さによっては、除毛クリームを使って痛みを伴うことがあるので注意が必要です。チオグリコール酸の配合量と肌への負担は二律背反であり、悩ましいところです。

私の友人の多くも利用しており、除毛クリーム界の横綱的商品といえば「Veet(ヴィート)」です。

RBというフランスの化粧品メーカーが手がけている商品で、日本のみならず世界で人気の商品です。実際、フランスやロシア、メキシコの私の友人がヴィート愛用者です。

除毛効果が得られないと悪評をくらう除毛クリームが数多あるなかで、ヴィートはその効果が万人に認められている数少ない商品といえます。女性だけでなく、男性の剛毛も除毛できると評判で、肌への負担も少ないという最強の一品です。

基本的には顔以外のあらゆる部位に使えるものですが、人によってはVIOなどに使うと痛みを伴うことがあるようです(肌が弱い部分に使うと、タンパク質で表皮が溶かされ神経層に達してしまうのでしょう)。

また、私自身もそうなのですが、あまりに剛毛かつ長毛だと全ての毛がきれいに溶けてくれないことも。そういう場合は、あらかじめバリカンなどで毛を短く切って使うといいです。

ブラジリアンワックス

お手軽なセルフ脱毛としてすっかり定着している、ブラジリアンワックス。

私も愛用しているのが、こちらのベビーワックスさん。全てが一セットになっており、肌ケア用のベビーパウダーも入っていておすすめです。

ブラジリアンワックスの良いところは、剛毛でも脱毛しやすいところでしょうか。毛にワックスを粘着させてそれを剥がすという原理なので、むしろ剛毛のほうが抜けやすいくらいです。

男性で、すね毛・腿毛・腕毛・胸毛などを処理したい方はブラジリアンワックスがおすすめです。最初はコツをつかむのに苦労しますが、慣れると効率よく脱毛しまくれます。

ただ、セルフだと、脇やVIOなどの起伏がある場所に処理をするのは難しいです。「セルフ脱毛の手練」にいわせればコツがあるようですが、私はまだその境地に達していません…。

私の友人は、ブラジリアンワックスをする時には誰かに頼んでやってもらうそうです。足はもちろん、VIOも全て晒してワックスを塗ってもらうのだとか。私もイケメンの友人のブラジリアンワックスをお手伝いしたいわ。

脱毛テープ

ブラジリアンワックスよりも手軽で扱いやすいものをもとめるなら、脱毛テープがおすすめです。

代表的な商品が、男性用として人気の「メンズゴリラ ブラジリアンワックス脱毛シート」。

ブラジリアンワックスより扱いやすく、VIOや脇の処理もしやすいですが、コスパと痛さがネックです。

商品により差はありますが、毛の量が多い人ほどテープの量も必要になるので、ブラジリアンワックスや除毛クリームのほうがコスパがよくなります。

また、何より辛いのが痛みです。ブラジリアンワックスも大概痛いものですが、テープは段違いで痛いです。貼ったはいいものの、一枚目を剥がして心が折れてリタイア…なんていう体験談にあふれています。

男色家 岡祭アケミ(零式)
世界各地のレインボーコミュニティとつながりをもち、各国のLGBT・美男子事情を日々学んでいる。慶大卒。
ダッド|育児ジェントルへ、プロがエスコート

Tags: ,



Comments are closed.

Back to Top ↑
  • スポンサードリンク




  • 厚生労働省 イクメンプロジェクト賛同企業です

    ダッド|育児ジェントルへ、プロがエスコート

  • FACEBOOK