趣味 TapuFiniEC

Published on 12月 15th, 2016 | by ダッド編集部

0

【サンムーン】カプ・レヒレを厳選しつつゴージャスボールで捕まえる!



ミストに包まれた要塞!とちがみポケモン:カプ・レヒレを厳選

ポケモンサンムーンにおける準伝説ポケモン・カプの一体、カプ・レヒレ。みず・フェアリーの優秀な複合タイプをもち、カプの中で唯一耐久型の種族値をもつポケモンですが、特性「ミストメイカー」の使い辛さや気の利いた回復技を覚えないことから、カプの中で最もパっとしないという意見も散見されます。

 icon-hand-o-right 未経験のゲーム・ソシャゲクリエイターを募集している企業まとめ

私としてもビジュアルや設定を含めカプ4体の中で一番興味を惹かれないポケモンです…が、ロイヤルバトル攻略においては耐久型のポケモンは貴重だったりするので、一応誠意をこめてゲットしたいところです。

今回は、そんなカプ・レヒレを捕獲補正の低いオシャボ・ゴージャスボールでゲットしながら厳選するために、私が準備した事柄を紹介いたします。

目次

  1. カプ・レヒレ捕獲環境の確認
  2. 目的とするカプ・レヒレのスペック
  3. カプ・レヒレ捕獲要員
  4. カプ・レヒレ捕獲プロセス
  5. 作業の結果
  6. 後記

カプ・レヒレ捕獲環境の確認

サンムーンバージョンで捕まえられるカプ・レヒレのレベルは60。他の伝説・準伝説ポケモンに違わず、個体値は6ステータスのうちランダムで3つが確実にV(個体値31)になります。

捕獲時の技構成は下表の通り。

技名 タイプ 威力 PP
しぜんのいかり フェアリー・特殊 10
だくりゅう みず・特殊 90 10
アクアリング みず・変化 20
ハイドロポンプ みず・特殊 110 5

出ましたね…「アクアリング」。アルファサファイアのカイオーガ厳選が思い出されます。「アクアリング」の封じ手は種々ありますが、ポケモンバンク解禁前だと手数に制限があるので厄介です。

また、何より厄介なのが総PPの少なさです。「PP45」しかなく、オシャボ捕獲には不安しかありません。しかも今作は捕獲率がかなり悪く設定されている気がしますし…(カプ・コケコに80個投げたことも)。

他、「しぜんのいかり」以外の攻撃技は2つともみずタイプで対策が簡単なのがせめてもの救いです。

また、相手の特性「ミストメイカー」も地味に厄介ですね。5ターンのあいだ状態異常にできないので、作業効率が落ちる要因になりかねません。こちらの対策も必須です。

目的とするカプ・レヒレのスペック

私は今回、性格「ずぶとい」でA抜き5V、Aが逆Vの個体を”理想”とします。

レベル60、6Vカプ・レヒレの性格補正ごとのステータス実測値は下記の通りです(太字は「ずぶとい」の数値)。

HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早
性格補正↑ 124 177 150 196 137
性格補正- 172 113 161 137 179 125
性格補正↓ 101 144 123 161 112

捕獲後ステータスを確認し、目的のステータス値が合致していれば成功です。

※個体値はポケモン徹底攻略さんの個体値カリキュレーター (サンムーン対応)を参考にさせて頂きました。いつもお世話になっております。

カプ・レヒレ捕獲要員

カプ・レヒレの厳選に挑むパーティはこのようにしました。

先頭は性格:ずぶといの特性「シンクロ」のケーシィをひんし状態にして配置。

二番目、戦闘の一番手はジガルデ(50%フォルム)です。

ジガルデのすばやさを124に調整しています(いじっぱりSV・S72振り)。これで相手のすばやさが125の理想個体かを測定します。相手の特性「ミストメイカー」が先に表示されたら作業継続、こちらの特性「オーラブレイク」が先に表示されたらリセット&リスタートです。

———

次に、交代出しでニョロゾを出します。

特性「ちょすい」のニョロゾです。相手のみずタイプ攻撃技は2つとも無効+回復するので、受け要員として活躍(鎮座)してもらいます。

相手が「アクアリング」を使ってくるまで、相手に無害な変化技(私は「ないしょばなし」をわざマシンで覚えさせました)を使い続けます。相手が「アクアリング」を使ったら、交代出しでカプ・コケコを出します。

カプ・コケコの役割はフィールドの変更です。これで場を「エレキフィールド」に変更し、相手を状態異常にできるようにします。

カプ・コケコは一瞬でも場に出てくれればいいので、HP16分の1以下+やけど状態にして確実に1ターンで瀕死になるようにしています。

また、「アクアリング」が発動する前に「ミストフィールド」の効果が終了している場合がありますが、それでもカプ・コケコを交代出しします。後続のユンゲラーを受け出しさせないためです。

———

次にユンゲラーを出します。

ユンゲラーの役割は「かえんだま」を「トリック」して相手に渡すことです。これで相手を確実に次のターンやけど状態にします。

今世代からやけどのダメージが8分の1から16分の1に弱体化し、「アクアリング」の回復量と同じになりました。これを利用し、カプ・レヒレには「やけどダメ→回復」の無限地獄を味わってもらいます。

ユンゲラーもHP16分の1以下+やけど状態にして確実に1ターンで瀕死になるようにしています。

———

次にムクホークを出します。

ムクホークの役割はHP測定です。ムクホークのHPを171に調整しており、「いのちがけ」を使って相手のHPが172の理想値かを測定します。相手が瀕死になったら勿論リセット&リスタートです。

ちなみに、ムクホークは進化前のムクバードを「しまスキャン」でゲットできます。ゲットしていない方は自力なりGTSなりで優先的にゲットすることをおすすめします。

———

ムクバードの「いのちがけ」に相手が耐えたら、次に再度ニョロゾを出し、ゴージャスボールを投げ続けます。

相手は「HP1→1/16回復(アクアリング)→HP1(やけど状態)」を繰り返すので、ボールを投げ続けるだけの簡単な作業になります。

【ポケモンSM】サンムーンで”きんのおうかん”を無償でゲットする方法

カプ・レヒレ捕獲プロセス

カプ・レヒレの捕獲の流れをまとめます。

  1. すばやさ124のジガルデを出す。相手の特性が先に表示されたら作業継続
  2. 相手が「アクアリング」を使うまで特性「ちょすい」のニョロゾを出す
  3. 「アクアリング」発動後、カプ・コケコに交代する
  4. 瀕死出しでユンゲラーに交代し「トリック」で「かえんだま」を渡す
  5. HP171のムクホークで「いのちがけ」をする
  6. 再度ニョロゾを出してボールを投げまくる

パーティの構成をまとめると下記の通り。

メンバー HP 状態 使用技 備考
1 ケーシィ 0 瀕死 なし 特性:シンクロ
2 ジガルデ なし すばやさ124
3 ニョロゾ ないしょばなし 特性:ちょすい
4 カプ・コケコ 火傷 なし 特性:エレキメイカー
5 ユンゲラー 火傷 トリック 持:かえんだま
6 ムクホーク 171 いのちがけ

今回はこのような流れで挑みます。パーティの構成は6体ですが、今作からパーティが一杯の場合、捕獲したポケモンのステータスを戦闘後に見られるようになったので、むしろ6体いる方が時間短縮になるので問題ないでしょう。

作業の結果

私のカプ・レヒレ捕獲作業の結果を下記に記します。

※各実測値はHP:H、こうげき:A、ぼうぎょ:B、とくこう:C、とくぼう:D、すばやさ:Sと表記します。

n回目 S測定 H測定 ボール数 性格 V配置
1 ×
2 ×
3 ×
4 ×
5 ×
6 ×
7 ×
8 ×
9 ×
10 ×
11 ×
12 ×
13 ×
14 38 PP切れ
15 ×
16 39 PP切れ

まだ作業継続中ですが、放置しています…SとHがなかなか最高値にならないこと、そしてなっても2度もPP切れを起こしたことで苛立ちは頂点に達しました。

ゴージャスボールを諦めて、ネットボールとタイマーボールにしようか迷い中です。なんでこんなに捕獲率悪くするんですかね…ゲーフリさんに怒りすら湧いてきます。

後記

PPの持ちを良くするには、ドーブルに「アクアリング+ふういん+キノコのほうし」を覚えさせ、相手のアクアリングを封じて「キノコのほうし」をかけつつボールを投げるのもいいかと思います。ねむり状態ならわずかながら捕獲率が高まりますし。

ただ、相手の技にこちらの命中率を下げる「だくりゅう」があるのが厄介な所。うーん…。

サンムーン産以外のポケモンを使えるなら、例えば特性:なまけのアイアントで「なかまづくり」をすれば相手のPPの持ちをよく出来ますね。いずれにせよサンムーン産ポケモンだけで捕獲しようとすると苦労します。バトルで使いたいならマスターボールの使い所かと思ったり。

これよりいい方法はあると思うので、あくまで参考程度にして下さいませ。

サンムーンでゲットできるシンボルポケモンの厳選法まとめ

ポケモン俳人 松尾バニプッチ
初代赤バージョンよりポケモンを愛好し、ゲームは1日18時間までと決めているストイックな廃人であり、俳人。好きなポケモンはゴマゾウ。
ダッド|育児ジェントルへ、プロがエスコート

Tags: , , ,



Comments are closed.

Back to Top ↑
  • スポンサードリンク




  • 厚生労働省 イクメンプロジェクト賛同企業です

    ダッド|育児ジェントルへ、プロがエスコート

  • FACEBOOK