乙女ゲーム Akanesora

Published on 6月 23rd, 2017 | by ダッド編集部

0

【アカセカ】藤原道長(月下の恋物語)の男子物語を攻略【覚醒ネタバレ有】


藤原道長(月下の恋物語) 第三話 恋のいろは指南

藤原道長「ほんなら早速教えてもらおうやないか。ほんまもんの恋っちゅーもんを」

からかうような道長さんの言葉に、私は息を呑んだ。

(無理をしてもボロが出そうだし……私が知ってる範囲で教えるしかない)

藤原道長「どないしたん?はよ教えてや」

ア力セカ巫女「……私の世界には、色々な形の恋の育み方があるんです」

できる限り落ち着いた声音を意識しながら、話し始める。

アカセカ巫女「まずは、二人で同じ時間を共有してー」

藤原道長「なんや、時間の共有って」

アカセカ巫女「た、例えば……一緒に出かけるとか」

藤原道長「ほぉ……」

御廉越しでもわかる、道長さんのからかうような視線に、なんだかいたたまれなくなってきた。

(ここで呑まれたら負けだ……!)

とくに勝負をしているわけではないけれど、私はぐっと拳を握り気合いを入れ直す。

アカセカ巫女「そうすることで、相手の新しい一面を知っていくことができるわけなん
ですが……」

藤原道長「……」

藤原道長「よし、決めたで」

道長さんが自分のひざ元をぽんと叩き、優雅な所作で立ち上がった。

藤原道長「行こか」

アカセカ巫女「え、どこに……」

藤原道長「二人で出かけて、互いを知り合うんやろ?はよ来いや。行くで」

アカセカ巫女「まっ……待ってください!」

慌てて立ち上がり、女流作家達に頭を下げるとー

私は道長さんの後を追いかけ、共に花宮を出た。

……

賑わう町を道長さんと二人で歩くこと、しばらくーー

藤原道長「で?二人で出かけて、どないなことするん?」

アカセカ巫女「どんなって……普通ですよ。ただ一緒に歩いて綺麗な景色を見たり、買い物をしたり……」

藤原道長「ふーん……恋仲の男女ならではのこととか、あらへんの?」

(恋仲の男女ならでは……?)

陽 +12 手をつなぐとか?
陰 +12 ……

アカセカ巫女「手をつなぐとか……ですかね」

藤原道長「お、それええやん」

隣を歩く道長さんが、私の手をすくい上げるように握りしめる。

アカセカ巫女「っ!あ、あの……」

藤原道長「ん?」

アカセカ巫女「わ、私達は恋仲じゃないですし手はつながなくても……」

藤原道長「……ふぅん?俺にそんなふうに言うてくる女、初めてやわ」

握りしめた手は離さないまま、道長さんが目を細める。

藤原道長「ま、とにかく堅いこと言わんで、はよ行こや」

不敵な笑みを浮かべられ、妙な緊張感が私を包んだ。

(作家さんが言ってた通り、道長さんって随分女性慣れしてそう)

(こんな人に「本当の恋」なんて教えること、できるのかな……)

私は不安な気持ちを抱えながら、道長さんの隣を歩き出した……

次ページ:第四話 歌会への誘い icon-angle-double-right 

Tags: ,



Comments are closed.

Back to Top ↑
  • コスプレするならチェック!

    コスプレウィッグ・カラコンの専門店エアリー
    ヘアメイクしやすくて、絡まないウィッグ使いたいならここで注文!


    キャラグッズ購入のおすすめサイト

    「うたの☆プリンスさまっ♪」の限定グッズを始め、数多くの人気アニメ・ゲームのキャラクターグッズやCDなどが販売されています!


  • スポンサードリンク




  • 厚生労働省 イクメンプロジェクト賛同企業です

    ダッド|育児ジェントルへ、プロがエスコート

  • FACEBOOK