【安定のNTTグループ】IT人材積極採用中のNTTグループ一覧


パパネタNEWS eyecatch_170713

Published on 7月 13th, 2017 | by ダッド編集部

0

「日焼け止め」の使用で、骨粗しょう症などにかかりやすくなる?!対策も公開!



「日焼け止め」で不健康になっちゃうの…?!
正しい知識を身につけよう!

20代の女性が週3回以上日焼け止めを使った場合、血中のビタミンD濃度が常に「欠乏状態」になっていたことが、大阪樟蔭女子大などの研究チームの調査でわかった。

「<日焼け止め>使用でビタミンD不足…20代女性に調査」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170712-00000031-mai-soci

日差しが強い日が続くのが夏!美意識の高い男性は「毎日日焼け止めを使う!」という方が多いようです。
また、パパの中にはママや子どもが毎日日焼け止めを使っているという方もいるかと思います。
日焼け止めの使用でビタミンDが不足に…。「日焼け止めって健康に悪いのかな?」と少し不安になってしまいますよね。
今回は、日焼け止めでどうしてビタミンDが不足するのか、不足するとどうなるのか、どうやって対策したら良いかということをお伝えします!

「日焼け止め」って、実は体に悪かったってこと?

研究チームによると日焼け止めを使ったからといって、今すぐ病気になるわけでは無い!とのこと。安心です!
ではどうしてビタミンDが不足してしまうのでしょうか。

日光に含まれる紫外線を体に当てることで、体の中でビタミンDがつくられるのだそうです。

参考:オーソモレキュラー.jp「ビタミンD|栄養素の説明」
http://www.orthomolecular.jp/nutrition/vitamin_d/

紫外線をブロックするために「日焼け止め」を使用するので、これにより体の中でビタミンDが不足しやすくなります。紫外線はシミやガンの原因になると思っていましたが、浴びなさすぎるのもまた良くないということですね。

そもそもビタミンDって何だ?何してくれんだ?

「日焼け止め」の使用で、骨粗しょう症などにかかりやすくなる?!対策も公開!

ビタミンDはカルシウムのバランスを整えるのを手伝ったり、骨の健康を保つのに働いています。また最近では、ビタミンDの免疫力アップ効果やガンや糖尿病、自閉症などに有効かもしれないという報告もされるようになってきています。

参考:オーソモレキュラー.jp「ビタミンD|栄養素の説明」
http://www.orthomolecular.jp/nutrition/vitamin_d/

ビタミンDは体内で丈夫な骨を作るために必要なのだそうです。
ビタミンDが不足すると骨や歯の形成がうまくいかなくなってしまいます。今回の研究結果を発表したチームによると骨粗しょう症などになりやすくなる可能性があると言っています。

すぐにできる対策!

ビタミンDを取り入れる方法は紫外線以外に「食品」からも接種可能です。
ビタミンDを多く含む食品は「魚」です!気軽に接種できるお魚でビタミンDが多く含まれるものには「サケ・いわし・さんま」などがあります。

参考:ビタミンDの多い食品と、含有量一覧表
http://www.eiyoukeisan.com/calorie/nut_list/vitamin_d.html

これからの季節、うなぎも楽しみですよね!
日差しが強過ぎて紫外線をブロックした日は、お魚を食べてバランスをとってみてくださいね!



Comments are closed.

Back to Top ↑
  • スポンサードリンク




  • 厚生労働省 イクメンプロジェクト賛同企業です

    ダッド|育児ジェントルへ、プロがエスコート

  • FACEBOOK