趣味 usm_blacephalon5

Published on 3月 8th, 2018 | by ダッド編集部

0

【ポケモンUSM】ズガドーンを厳選しつつゴージャスボールで捕まえる



ビックリヘッドの自滅にビックリ!ウルトラサンムーンでズガドーンを厳選

ポケモンウルトラサンムーンにおける準伝説ポケモン・ウルトラビーストの一体、ズガドーン。ウルトラサン版でのみゲットできるポケモンで、ほのお・ゴーストという優秀なタイプと高い特攻種族値が魅力の特殊アタッカーですね。専用技である「ビックリヘッド」は、大きなデメリットがあるものの威力150・命中率100%という脅威のスペックを誇ります。

バトルでも第一線で活躍ができるポケモンですが、その厳選捕獲に際しては他のUBに比べても障害が多いポケモンです。ゴーストタイプであること、前後にイベントがあること、レベル60+特殊攻撃が強すぎること、何より「ビックリヘッド」の自滅があること…厳選はおろか、普通にゲットするにも苦労しているかたは少なくないと思います。

今回は、ズガドーンを捕獲補正の低いオシャボ「ゴージャスボール」でも効率よく厳選するために、私が準備した事柄を紹介いたします。

 icon-hand-o-right 未経験のゲーム・ソシャゲクリエイターを募集している企業まとめ

目次

  1. ズガドーン捕獲環境の確認
  2. 目的とするズガドーンのスペック
  3. ズガドーン捕獲要員
  4. ズガドーン捕獲プロセス
  5. 後記

ズガドーン捕獲環境の確認

ウルトラサンムーンバージョンで捕まえられるズガドーンのレベルは60。他の伝説・準伝説ポケモンに違わず、個体値は6ステータスのうちランダムで3つが確実にV(個体値31)になります。

捕獲時の技構成は下表の通り。

技名 タイプ 威力 PP
だいもんじ ほのお・特殊 110 5
シャドーボール ゴースト・特殊 80 15
トリック エスパー・変化 10
ビックリヘッド ほのお・特殊 150 5

攻撃技は全て特殊技で3つ。厳選に際し、特に厄介なのが「ビックリヘッド」です。相手は使用しただけで体力が半分減り、2回使っただけで自滅してしまうという何ともな技です。

特性「もらいび」で受けたとしても相手の体力は減ってしまうので、「ビックリヘッド」の対策がズガドーン厳選の最重要要素といえます。

目的とするズガドーンのスペック

ズガドーンは作中2体ゲットできます。私は性格「おくびょう」と「ひかえめ」の個体をそれぞれ1体捕まえました。

レベル60、個体値が6Vのズガドーンのステータス実数値は下記の通りです(太字は「おくびょう」の数値)。

HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早
性格補正↑ 193 95 224 129 167
性格補正- 152 176 87 204 118 152
性格補正↓ 158 78 183 106 136

ズガドーン捕獲要員

私が用意したズガドーンの厳選に挑むパーティはこちら。

先頭は性格「おくびょう」の特性「シンクロ」のケーシィをひんし状態にして配置。本来はレベル59にしてむしよけスプレーを使いズガドーンのみをエンカウントさせるほうが好ましいですが、スプレーを使わなくてもズガドーンの遭遇率は高く、大抵一匹目で遭遇できるのでストレスにはなりませんでした。

二匹目、戦闘の一番手はアイアントです。

このアイアントの特性は「なまけ(Truant)」です。先手で「なかまづくり(Entrainment)」を使い、相手の特性を「なまけ」にします。

相手の特性を「なまけ」にする目的は2つです。一つは、相手のPP切れの可能性を低めること。そしてもう一つは、次のターンで連続で「ビックリヘッド」を使わせることを阻止し、自滅させないことです。

アイアントには1ターンで瀕死になってほしいので、状態「やけど」かつHPを1/16以下にしています。相手は初手で「ビックリヘッド」を使う場合がほとんどなので、レベル100のアイアントといえども確一で瀕死になってくれるのですが、時々他の技を使ってくる場合もあります。

アイアント退場後、2ターン目にオオスバメを出します。

このオオスバメの特性は「きもったま(Scrappy)」であり、ゴーストタイプのズガドーンにもノーマルタイプのわざが有効になります(USMでゲットできるポケモンならガルーラがおすすめです)。

HP1の状態から「がむしゃら(Endeavor)」をうち、相手のHPを1にします。オオスバメも1ターンで瀕死になってほしいので、状態「やけど」にしています。

———

最後にドーブルを出します。

技構成は「キノコのほうし(Spore)」「ふういん(Imprison)」「だいもんじ(Fire Blast)」「ビックリヘッド(Mind Blown)」です。

ズガドーンをゲットするのに「ビックリヘッド」を覚えてるじゃん、というご指摘は容赦ください…私はズガドーン1体目のオシャボ厳選を諦めてビーストボールでゲットし、ビックリヘッドをドーブルに覚えさせるための”犠牲”としました。

2匹ともオシャボ厳選したい方は、ご友人やGTSでズガドーンを借りたり貰ったりして、ビックリヘッドをドーブルにスケッチさせるといいでしょう。

ドーブルの立ち回り方としては、初手で「ふういん」を使い、まず相手の「ビックリヘッド」と「だいもんじ」を封印します。

これで相手は「トリック」と「シャドーボール」しか使えなくなり、ドーブルに攻撃する術はなくなるので、あとは「キノコのほうし」をかけつつゴージャスボールを投げ続けるだけです。

「トリック」+「シャドーボール」のPPは25しかありませんが、特性「なまけ」+ねむり状態により、50ターン以上は確実にボールを投げられます。まあ、UBの場合それ以上投げても捕まえられないことはザラにあるのですが…。

私のドーブル(アルファサファイア産)はレベル100ですが、相手のすばやさ(最速167)さえ超えていれば問題ないので、USMの育成環境でもポケリゾートで容易に準備できると思います。

ズガドーン捕獲プロセス

ズガドーンのオシャボ厳選プロセスを簡単にまとめます。

  1. 特性「シンクロ」の理想性格ケーシィをひんし状態にして先頭に配置
  2. ズガドーン出現地域を徘徊
  3. アイアントで「なまけ」を使う
  4. HP1のオオスバメで「がむしゃら」を使う
  5. ドーブルで「ふういん」を使う
  6. ドーブルで「キノコのほうし」を使いつつ、ボールを投げ続ける

私はこのような流れでズガドーンのオシャボ厳選に挑みました。

後記

ズガドーンの捕獲レートは30とUBの中では低いほうで、ウルトラボールでもHP1+ねむりで捕まえられない場合があります。ここまで面倒な準備は必要ないですが、性格厳選においてもそれなりに対策は必要だと感じました。

また、今回のパーティは4匹ですが、適当な2匹を連れて手持ちを6匹フルにしておいたほうがいいでしょう。というのも、ズガドーンの捕獲後は長ったらしいイベントがあるため、捕獲後のボックス転送確認画面でステータスをチェックしたほうが効率がいいからです。

これよりいい方法はあると思うので、あくまで参考程度にして下さいませ。

ポケモン俳人 松尾バニプッチ
初代赤バージョンよりポケモンを愛好し、ゲームは1日18時間までと決めているストイックな廃人であり、俳人。好きなポケモンはゴマゾウ。
ダッド|育児ジェントルへ、プロがエスコート

Tags: , , ,



Comments are closed.

Back to Top ↑
  • スポンサードリンク




  • 厚生労働省 イクメンプロジェクト賛同企業です

    ダッド|育児ジェントルへ、プロがエスコート

  • FACEBOOK