【安定のNTTグループ】IT人材積極採用中のNTTグループ一覧


カメラ ca+ec-01

Published on 12月 5th, 2014 | by ダッド編集部

0

プロカメラマンが最強カメラアプリ「Camera+」を徹底解説 vol.1



この記事の執筆者は、フォトグラファーの市川智也さんです。 ダッド|育児ジェントルへ、プロがエスコート

最強カメラアプリCamera+(カメラプラス)を徹底解説

iPhone6それは「至高のデジカメ」と銘打ってiOS8の凄すぎるカメラ機能について説明してきましたが、

プロカメラマンが徹底解説 !「極上のデジタルカメラ」iPhone6の凄すぎるカメラ機能!! vol.1〜ピントと露出のコントロール〜

プロカメラマンが徹底解説 !「極上のデジタルカメラ」iPhone6の凄すぎるカメラ機能!! vol.2〜セルフタイマー機能の3秒って?〜

プロカメラマンが徹底解説 !「極上のデジタルカメラ」iPhone6の凄すぎるカメラ機能!! vol.3〜撮影から仕上げまでスマートに行こう!〜

決して大袈裟な話じゃなかったかと思います。

今回はじっくりとその「至高のデジカメ」で手軽なスナップの向こう側を目指していきましょう。

まずは、アプリの力で、このデジカメのポテンシャルをさらに引き出しましょう。

星の数のアプリが出ていますので正直何を使えばいいのか迷ってしまう方もいると思います。

初回から有料アプリのご紹介になってしまいますが、

Camera+
カテゴリ: 写真/ビデオ
現在の価格: ¥300

持ってて絶対に損はない定番カメラアプリです。

巷では最強のカメラアプリなんて言われているみたいですが、、、

このアプリ本当に凄いです。

このアプリの機能を考えると¥300(現在の価格)は正直かなり安いと思います。

簡単に機能を書き出すと

『使いやすいインターフェース』

『マクロ撮影モード・画格の選択・手ブレ防止・セルフタイマー・バースト撮影』

『ホワイトバランスの選択』

『フォーカスと露出をそれぞれオート、マニュアルで設定できる』

『露出補正』

『最大で6倍のデジタルズーム』

『LEDのON・OFF・AUTO・常時点灯の選択』

『ライトボックスの存在』

『SNSへダイレクトでシェア』

では、早速見ていきましょうか。

〜使いやすいインターフェース〜

プロカメラマンが最強カメラアプリ「Camera+」を徹底解説 vol.1

ざっと見るだけで色々と機能が付いています。

が、わかりやすい!

これなら簡単に使いこなせそうですね。

〜マクロ撮影モード・画格の選択・手ブレ防止・セルフタイマー・連写撮影〜

まず、撮影設定をタップします。
すると、下の画像の様な表示になります。

プロカメラマンが最強カメラアプリ「Camera+」を徹底解説 vol.1

説明するまでもないかもしれませんが
マクロモードとは、グッと被写体に寄って撮影ができる機能です。

画格は、スクウェア、通常、16:9から選べます。

ノーマル・手ブレ防止・タイマー・連写から一つ選べ
タイマーは5,15,30と選べます。

〜ホワイトバランスの選択〜

これは、通常のiPhoneカメラには無い機能です。

ホワイトバランスと言うのは、環境光による被写体の色被りを抜き、白を出来るだけ白く補正する機能です。

その時の環境光に合わせて設定してもいいですし
ディスプレイを見ながら好みの色合いに寄せてもいいと思います。

プロカメラマンが最強カメラアプリ「Camera+」を徹底解説 vol.1

オートを選択すれば、まず外れないですが
色々な色温度の光源があるシチュエーションではカメラが迷って、納得できる設定にならない場合もあります。

ここまでで、もーだいぶいい感じのアプリではないでしょうか。

次回に続きます。

この記事を読んだ方は、以下の記事も読んでいます。

 

フォトグラファー 市川智也(31歳) プロカメラマンとして、広告・パッケージ・雑誌・WEBと多岐にわたり活躍。ミュージシャン、モデル、女優、文化人など数多くのポートレート撮影を手掛け、物撮りにおいてもパッケージやパンフレットなど多くの商品撮影を手掛けている。

Tags: , , , , , , , , ,



Comments are closed.

Back to Top ↑
  • スポンサードリンク




  • 厚生労働省 イクメンプロジェクト賛同企業です

    ダッド|育児ジェントルへ、プロがエスコート

  • FACEBOOK