【安定のNTTグループ】IT人材積極採用中のNTTグループ一覧


ダッド編集部 昭和33年から秋葉原の胃袋を支えている老舗定食屋、かんだ食堂に行ってきました。

Published on 12月 17th, 2014 | by ダッド編集部

0

昭和33年から秋葉原の胃袋を支えている老舗定食屋、かんだ食堂に行ってきました。



この記事の執筆者は、Webデザイナーでダッド編集部員の窪田匡知さんです。 ダッド|育児ジェントルへ、プロがエスコート

テレビやメディアでも頻繁に取り上げられる、懐かしい味、かんだ食堂。

ITとポップカルチャーの街として目まぐるしく変化し続ける街、秋葉原。そのど真ん中にあって、昭和33年から56年ものあいだ変わらずに大盛り定食を提供し続けているお店、それがかんだ食堂です。

近隣で働くおじさんから、買い物途中の若者まで、老若男女を問わずにたくさんのファンが足を運ぶかんだ食堂。その魅力を、胃袋で体感してきました。

場所はこのへんです。

東京都千代田区外神田4-4-9

 

東京都千代田区外神田4丁目4-9 角豊前川ビル1階
日・祝は定休日なのでお気をつけて。

それでは行ってみましょう。

昭和33年から秋葉原の胃袋を支えている老舗定食屋、かんだ食堂に行ってきました。

トレードマークの黄色い屋根。一見の客が入りにくそうな風格がありますね。

それでは、ダッド編集部員の茶谷女史とともに入ってみましょう。

昭和33年から秋葉原の胃袋を支えている老舗定食屋、かんだ食堂に行ってきました。

店内もとってもレトロな雰囲気。外の喧騒がウソのように、懐かしさが漂ってます。

昭和33年から秋葉原の胃袋を支えている老舗定食屋、かんだ食堂に行ってきました。

こちらはメニュー。秋葉原のランチとしては、かなり安めですね。

茶谷女史はとり唐揚げ定食とごはん大盛り。筆者はこのお店名物のウィンナー定食を頼みました。

昭和33年から秋葉原の胃袋を支えている老舗定食屋、かんだ食堂に行ってきました。

一人で来るお客さんが多いですね。常連さんでしょうか?

昭和33年から秋葉原の胃袋を支えている老舗定食屋、かんだ食堂に行ってきました。

頼んでから2~3分で、おばちゃんが持ってきてくれました。早い!

昭和33年から秋葉原の胃袋を支えている老舗定食屋、かんだ食堂に行ってきました。

私のウィンナー定食はこんな感じ。感想は、ウィンナーの脂が白米とよく合う!知らなかったわ。

昭和33年から秋葉原の胃袋を支えている老舗定食屋、かんだ食堂に行ってきました。

ではさっそくいただきましょう。

昭和33年から秋葉原の胃袋を支えている老舗定食屋、かんだ食堂に行ってきました。

唐揚げは1つ1つが大きい!(茶谷女史の顔は、唐揚げのマネだそうです)

昭和33年から秋葉原の胃袋を支えている老舗定食屋、かんだ食堂に行ってきました。

キャベツも山盛り。

昭和33年から秋葉原の胃袋を支えている老舗定食屋、かんだ食堂に行ってきました。

ジューシーで旨い!

昭和33年から秋葉原の胃袋を支えている老舗定食屋、かんだ食堂に行ってきました。

お味噌汁は、豆腐と揚げ。減塩のやさしい味でした。

昭和33年から秋葉原の胃袋を支えている老舗定食屋、かんだ食堂に行ってきました。

最後は白米だけが残ってしまいましたが…

昭和33年から秋葉原の胃袋を支えている老舗定食屋、かんだ食堂に行ってきました。

ごちそうさまでした!

まとめ

かんだ食堂は量が多いことでも有名ですが、実際に食べてみると、がっつり食べたい人にはちょうどいい感じ。老舗らしく気取らない味を堪能しました。

店員のおばちゃんたちがとってもフレンドリーなので、秋葉原に来た際にはぜひ寄ってみてください。

[amazonjs asin=”480022084X” locale=”JP” title=”秋葉原 ザ・裏ガイド (別冊宝島 2112)”]

この記事を読んだ方は、以下の記事も読んでいます。

Tags: , , , ,



Comments are closed.

Back to Top ↑
  • スポンサードリンク




  • 厚生労働省 イクメンプロジェクト賛同企業です

    ダッド|育児ジェントルへ、プロがエスコート

  • FACEBOOK