【安定のNTTグループ】IT人材積極採用中のNTTグループ一覧


カメラ camera+eyevol3-01

Published on 12月 25th, 2014 | by ダッド編集部

0

プロカメラマンが最強カメラアプリ「Camera+」を徹底解説 vol.3 〜フォーカスと露出設定2〜



この記事の執筆者は、フォトグラファーの市川智也さんです。 ダッド|育児ジェントルへ、プロがエスコート

Camera+の凄すぎるフォーカス&露出設定を徹底解説!

今回は、完全に手動でピン・明るさを設定しましょう

〜フォーカスと露出をそれぞれオート、マニュアルで設定できる〜

の項目の続きです。

〜フォーカスと露出をそれぞれオート、マニュアルで設定できる〜2

まず前回のおさらいです。

プロカメラマンが最強カメラアプリ「Camera+」を徹底解説 vol.2 〜フォーカスと露出設定2〜

画像のように、紫枠がピント、オレンジ枠が明るさの項目です。
プロカメラマンが最強カメラアプリ「Camera+」を徹底解説 vol.2 〜フォーカスと露出設定1〜

では、こちらの画像

プロカメラマンが最強カメラアプリ「Camera+」を徹底解説 vol.2 〜フォーカスと露出設定2〜

今までと表示が違いますね。

オレンジの中に「M」の文字、その下には「1/45s」「ISO100」の文字

「M」はマニュアルモードを表します。
この表示がある時は、シャッタースピード、ISO感度を手動で設定できます。

「1/45sはシャッタースピード1/45秒を表しています。

「ISO100」はISO感度100を表しています。

次の画像はコチラ

プロカメラマンが最強カメラアプリ「Camera+」を徹底解説 vol.2 〜フォーカスと露出設定2〜

紫の丸の中に「M」の文字、その横には「数本の線」の表示

「M」はマニュアルモードを表します。
「数本の線」を移動させることで、ピントを調整できます。

手前のCDにピント

プロカメラマンが最強カメラアプリ「Camera+」を徹底解説 vol.2 〜フォーカスと露出設定2〜

奥の本にピント

プロカメラマンが最強カメラアプリ「Camera+」を徹底解説 vol.2 〜フォーカスと露出設定2〜

このように、前回の記事プロカメラマンが最強カメラアプリ「Camera+」を徹底解説 vol.2 〜フォーカスと露出設定1〜と合わせると
ピントと露出を自由にコントロールできます。

気を付けたい事はシャッタースピードが遅くなりすぎない事です。
手振れを起こしますので、シャッタースピードが1/60sより遅くなる時には
ISO感度を400など大きい数字に設定し、シャッタースピードを稼ぎましょう!

Camera+
カテゴリ: 写真/ビデオ
現在の価格: ¥300

この記事を読んだ方は、以下の記事も読んでいます。

 

フォトグラファー 市川智也(31歳) プロカメラマンとして、広告・パッケージ・雑誌・WEBと多岐にわたり活躍。ミュージシャン、モデル、女優、文化人など数多くのポートレート撮影を手掛け、物撮りにおいてもパッケージやパンフレットなど多くの商品撮影を手掛けている。

Tags: , , , , , , , , ,



Comments are closed.

Back to Top ↑
  • スポンサードリンク




  • 厚生労働省 イクメンプロジェクト賛同企業です

    ダッド|育児ジェントルへ、プロがエスコート

  • FACEBOOK