【安定のNTTグループ】IT人材積極採用中のNTTグループ一覧


ダッド編集部 eyecatch_toshibafuturescience

Published on 2月 16th, 2015 | by ダッド編集部

0

【子どもとパパで遊びに行こう!】東芝未来科学館とラゾーナ川崎プラザで1日遊んできました!



この記事の執筆者は、Webデザイナーでダッド編集部員の窪田匡知さんです。 ダッド|育児ジェントルへ、プロがエスコート

東芝未来科学館と川崎ラゾーナで、子どもたちと1日遊ぼう!

今日はママがお出かけの日。パパが一人で子どもの面倒を見なきゃいけない。そんな時、どこに遊びにつれていく?

今回は、開設1周年を迎えたばかりの東芝未来科学館と、併設するラゾーナ川崎プラザで1日遊んできました!

科学と楽しく触れ合える体験型パビリオン、東芝未来科学館。

科学で遊べる体験型パビリオン、東芝未来科学館。エネルギーや街、ビル、情報の未来を遊びながら学ぶことができます。

 

イベントスペースでは毎日サイエンスショーが開催されています。掃除機の吸い込む力で7kgのボーリングの球を持ち上げたり、-196度の液体窒素の中にカーネーションやゴムボールや風船を入れてみたりと、大人もワクワクできる内容です。

【子どもとパパで遊びに行こう!】東芝未来科学館とラゾーナ川崎プラザで1日遊んできました!

頭を使ったあとは、体を使って遊ぼう!ラゾーナ川崎の屋内お砂場。

 

ラゾーナ川崎プラザ4Fにある「あそびパーク」の屋内お砂場。抗菌仕様の特殊な砂で、服が汚れたりもしません。お砂場セットもたくさん置いてあるので、子どもたちは目を丸くして遊びまわります。そのすきにベンチで一休みというパパもたくさんいます。

【子どもとパパで遊びに行こう!】東芝未来科学館とラゾーナ川崎プラザで1日遊んできました!

まとめ

ラゾーナ川崎にはフードコートをはじめ飲食やカフェ施設が充実しているので、1日中過ごすことができます。パパ1人で子どもたちの面倒を見ないといけなくなった時は、ぜひ行ってみてください。

[amazonjs asin=”4056100543″ locale=”JP” title=”大人の科学マガジン 新型ピンホール式プラネタリウム (学研ムック 大人の科学マガジンシリーズ)”]

この記事を読んだ方は、以下の記事も読んでいます。

Tags: , , , ,



Comments are closed.

Back to Top ↑
  • スポンサードリンク




  • 厚生労働省 イクメンプロジェクト賛同企業です

    ダッド|育児ジェントルへ、プロがエスコート

  • FACEBOOK