パパネタNEWS daddo150220

Published on 2月 20th, 2015 | by ダッド編集部

0

【女装が選ぶ】嫁入り前にすべき嗜みベスト5【男性にもオススメ!】



この記事の執筆者は、女装家の岡祭アケミさんです。 ダッド|育児ジェントルへ、プロがエスコート

素敵な殿方の良き妻と成る為に!花嫁修行に励むわよ!

私の夢…それは、素敵な殿方のお嫁さんになることです。
素敵な殿方というのは、ずばり3K(高身長・高学歴・高収入)の方。私より背が高く、学歴が高く、収入が高い殿方を、砂漠でオアシスを求める流浪者が如く探し続けています。

私自身のスペックを考えれば厳しい条件ではないと思うのですが、それでいて男もいける方を見つけるのはなかなかに難しいものです。しかも、一般にいうMの商社マンとか外交官といった「玉の輿の代名詞」な職業の方だと、世間の目を気にして女装を正妻として迎え入れてくれる方なんていないだろうなと、わりと真面目に考えています。

それでも、夢は抱き続けるものですよね。こんな私でも、社会的に認められた立場の殿方と人生を共にしたいと願い続けていいじゃない。
『懐かしい低所得者層、懐かしい労働風景、その全てと離れても貴方(ブルジョワジー)と歩きたい…!』
そのためにはまず、「私の女を上げなければならない」と考えます。

そう、花嫁修業です。妻という職に就くための職業訓練です。家庭に入り、夫を支える妻として身につけておくべき技術・心得を持たずして何故良き妻となれようか。
この記事では、そんな一念発起した私が嫁としてすべき嗜みを5つ選抜し、その修得のために本気で入学・入室を考えている習い事教室をご紹介します。生物学上はである私が選ぶので、家事を上手にこなしたいという男性にもオススメできます!

花嫁修業1. 料理

お料理を上手に作れれば、その美味しさで旦那様の仕事でのストレスを緩和できるだけでなく、栄養を管理し健康でい続けてもらうことができますよね。
私が本気で入学を考えているのは、近年話題のABCクッキングスタジオさん。

ABCクッキングスタジオ

テレビなどのメディアで度々拝見する機会がありますね。チェーン展開されているお料理教室で、その特徴の一つが男性歓迎な雰囲気です。公式で男性向け広告を作られているなど、男の人でも気負いなく入室できます。しかも、男女の出会いの場になっているとの噂も。私も素敵な殿方と男子ごはんを作ってみたいですわ。

花嫁修業2. 手芸

お裁縫・ミシンなどの手芸。ちょっとした洋服のほつれやズボンの裾上げなど、手芸のスキルを身につけておけば母として・妻として大いに役立ちますね。
私が興味をもっている教室は、ユザワヤさんの無料手芸教室です。

新宿店 店頭講習会で作り方をマスター:手芸用品・生地のお店 ユザワヤ

言わずとしれた大手ホビー材料店のユザワヤさんですが、店頭で定期的に手芸についての講習会を行っています。材料は実費ですが、受講料な無料だそう。ユザワヤさんの商品の販促を含めたイベントなのでしょうが、太っ腹ですね。
単発の教室なので、男性でも気兼ねなく参加できそうですね。家庭で必要な裁縫レベルなら長期的に通学しなくても学べると思うので、学校で習ったお裁縫の感覚を思い出したい!という方もいいのではないでしょうか。

花嫁修業3. 煎茶道

茶道・華道…嗜むべき道は数あれど、私は煎茶道を習ってみたいと考えています。旦那様の健康を気遣うとともに、心穏やかにお仕事に送り出したい…そんな心意気を持つ方は「美味しい煎茶のいれ方」を学んでおいて損はないと考えます。

煎茶道は、小笠原流が有名なそうですね。全国に教室があり、敷居も高くない印象を受けます。

小笠原流煎茶道 教室のご案内

花嫁修業4. マナー教室

冠婚葬祭の折、夫の上司をお招きする際などに最も重要なのが礼儀・マナーの心得ですね。礼法に違う行動をとれば、自身だけでなく夫の評価も下げてしまいます。

マナーを学ぶには、マナー関連の資格勉強が効果的と思います。例えば、全日本マナー検定協会さんの「実用マナー検定」など。

マナー検定-マナー文化教育協会

ビジネスから冠婚葬祭まで網羅的に礼法を学べるこの検定。インターネットでも受験でき、手軽に勉強できるのも良いですね!

花嫁修業5. 英会話

夫の転勤など、いつ英語力が必要になる場面が訪れるかわかりません。21世紀に生きる者としても英語を一定以上使えることは重要だと思います。

英会話教室は多々あるので、ここではオススメを申し上げません。加えて、私は毎晩世界のレインボーコミュニティと英語でチャットしているので英会話教室は不要とも考えています。健全な出会い系サイトで英語を使える人と知り合いチャットすることは英会話上達につながるので、義務教育レベルの英語はマスターしていると言える方にはオススメします。

女装家 岡祭アケミ
世界各地のレインボーコミュニティとつながりをもち、各国のLGBT・美男子事情に造詣が深い。慶大卒。
ダッド|育児ジェントルへ、プロがエスコート

この筆者の関連記事

Tags: , , , , , , , ,



Comments are closed.

Back to Top ↑
  • スポンサードリンク




  • 厚生労働省 イクメンプロジェクト賛同企業です

    ダッド|育児ジェントルへ、プロがエスコート

  • FACEBOOK