ダッド編集部 家族で日帰り旅行に行こう! ①三浦半島(三崎・城ケ島)

Published on 2月 23rd, 2015 | by ダッド編集部

0

家族で日帰り旅行に行こう! ①三浦半島(三崎・城ケ島)



この記事の執筆者は、Webデザイナーでダッド編集部員の窪田匡知さんです。 ダッド|育児ジェントルへ、プロがエスコート

家族で日帰り旅行!おすすめスポットをご紹介!①三浦半島(三崎・城ケ島)

日帰りで小旅行気分が味わえるスポットをご紹介!第1回目は、神奈川県三浦半島の三崎・城ケ島です。

今が旬のイチゴ狩り

三浦半島にはイチゴ狩り農園がたくさんあります。今回は長島農園に行ってきました。

家族で日帰り旅行に行こう! ①三浦半島(三崎・城ケ島)

家族で日帰り旅行に行こう! ①三浦半島(三崎・城ケ島)

家族で日帰り旅行に行こう! ①三浦半島(三崎・城ケ島)

津久井浜観光農園 http://www.jakanagawa.gr.jp/yokosuka-hayama/kanko/top.html
大竹農園 http://www7b.biglobe.ne.jp/~daitakenouen/
川名農園 http://kawana.itigo.jp/index.html
嘉山農園 http://www.jalan.net/theme/berry/kanagawa/14_berry02.html

2~3月は最盛期なのでどこも事前予約が必須ですが、朝9時くらいからなら運が良ければ潜り込めます。

JAよこすか葉山が運営する市場「すかなごっそ」

三浦半島で生産された農産物を販売する直売店。キャベツ、大根、カブなどの獲れたて三浦野菜がたくさん並び、見物するだけでも子どもたちには楽しいはず!

家族で日帰り旅行に行こう! ①三浦半島(三崎・城ケ島)

家族で日帰り旅行に行こう! ①三浦半島(三崎・城ケ島)

すかなごっそ http://www.jakanagawa.gr.jp/kn5128/sucanagosso/index.html

三崎漁港名物のまぐろ料理

三崎といえばまぐろの刺身!漁港にはまぐろ料理屋さんがたくさん軒を連ねています。その中で、港に近いお店に入ってみました。

家族で日帰り旅行に行こう! ①三浦半島(三崎・城ケ島)

家族で日帰り旅行に行こう! ①三浦半島(三崎・城ケ島)

1700円の楽どん(赤身・びんトロ)を食べました。びんトロのまろやかさは絶品!このあたりにはほかにも銘店が多いので、調べて行ってみるのが宜しいかと思います。

三崎館本店 http://www.misakikan.com/
まるいち食堂 http://tabelog.com/kanagawa/A1406/A140603/14000608/
くろば亭 http://kawana.itigo.jp/index.html
ちりとてちん http://tabelog.com/kanagawa/A1406/A140603/14003153/

スイセンの花が香る城ケ島公園

三崎漁港から車でわずか10分程度の距離にある出島、城ケ島。中でも城ケ島公園はスイセンの名所として人気です。

家族で日帰り旅行に行こう! ①三浦半島(三崎・城ケ島)

広大な芝生広場では、子どもと存分に走り回ることができます。

家族で日帰り旅行に行こう! ①三浦半島(三崎・城ケ島)

家族で日帰り旅行に行こう! ①三浦半島(三崎・城ケ島)

公園の端から磯に降りられます。突端の安房埼灯台までは、潮溜まりの海の生物を眺めながら歩いていけるので、暖かくなってきたら子どもたちの格好の遊び場となりそうです。

朝9時から午後4時までたっぷり遊べました

都心から車で約1時間半。朝からたっぷり遊んで日没には帰宅できる距離。子どもも親も大満足の日帰り旅行でした。皆さんも1日たっぷり遊びたい!なんて時は、ぜひ行ってみてください。

[amazonjs asin=”4780405882″ locale=”JP” title=”親子であそぼう!湘南・三浦半島こだわり徹底ガイド”]

この記事を読んだ方は、以下の記事も読んでいます。

Tags: , , , , ,



Comments are closed.

Back to Top ↑
  • スポンサードリンク




  • 厚生労働省 イクメンプロジェクト賛同企業です

    ダッド|育児ジェントルへ、プロがエスコート

  • FACEBOOK